ヨンドシーが人気!結婚指輪で迷っている方にオススメ

カップル

関節が太くても大丈夫です

人によっては、関節と指の太さが違うという人もいます。そのため、関節部分の太い方には幅の広いデザインがおすすめです。結婚指輪のサイズが大きいとすぐに抜けてしまう恐れがあるため、サイズは関節部分をぎりぎり通せるぐらいが良いでしょう。

指輪の出来と保証

リング

素材から優れている

結婚指輪のブランドとして、多くのカップルから支持されているのがヨンドシーです。ダイヤモンドとプラチナの品質に徹底的にこだわり、クオリティの高い結婚指輪を作り出しています。いくら職人の研磨技術やカット技術が優れていても、肝心の素材が低品質では充分その技術が発揮されません。でも、ヨンドシーは厳しい鑑定基準を満たしたダイヤモンドと、純度の高いプラチナだけを使っているので、素材に関しては折り紙付きです。特にプラチナは純度95%以上のものを指輪に加工しています。さらにヨンドシー独自の技術で純度を99%まで上昇させたピュアプラチナもあります。永遠の愛を誓い、夫婦がこの先数十年間愛用するのに値した素材です。ヨンドシーの結婚指輪が支持される理由は、優れた素材や技術の他にもあります。それはヨンドシーの検品と品質チェックシステムです。実際に注文した商品と届けられたものが異なっては、そのブランドの信頼問題にかかわります。結婚指輪の品質を厳しく管理するために、ヨンドシーはクオリティコントロールセンターを設けました。ここで人の手による検査と、X線検査などの科学的な検査を行っています。購入後の結婚指輪の保証制度が充実しているのも、ヨンドシーの良さです。保証期間は永久なので、ずっと結婚指輪のアフターケアをしてもらえます。修理内容も充実しており、サイズ直しはもちろん、ダイヤなどの石の留め直しや爪の作り直し、コーティングなどが可能です。

二人の愛の誓いです

ハート

結婚指輪は二人の愛を誓い合うものですが、結婚後は日常的に身につけるものになるので、シンプルなデザインが好まれます。プラチナのリングは変色しにくいですし、金属アレルギーが出にくいので人気です。華やかさを増すために婚約指輪と重ねづけする人も多いです。

婚約と指輪の関係

指輪

婚約指輪を贈るタイミングや選び方について悩む人も少なくありません。結納記念品としての意味もある婚約指輪は、結納をする際に両家へお披露目するのが一般的です。婚約指輪を選ぶ際には、女性の考えや好みを事前に把握しておきましょう。

RECOMMENDED SITES